旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

アルゼンチンでの旅ブログ ブエノスアイレス サンテルモ地区の日曜骨董市

アルゼンチン

アルゼンチンでの旅ブログ ブエノスアイレス サンテルモ地区の日曜骨董市
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ブエノスアイレス サンテルモ地区 日曜骨董市

毎週日曜日、ブエノスアイレスはサンテルモ地区のディフェンサ通りと呼ばれるストリートで、大規模な骨董市が開かれています。

2017年1月14日にサンテルモ地区に宿を取って、その骨董市を訪れました。

日曜日以外でも、この辺りは元々骨董品を取り扱うお店も多いようで「骨董の最後の秘境」と呼ばれるまさにアンティーク好きの聖地!

肝心の日曜市ですが、おそらく2Kmくらいは続いているであろうデフェンサ通りの両サイドにずらりと並ぶ、絵画や食器類、革製品やアクセサリー等々、他にも昔の空き瓶や切手、ピンバッジ、本などありとあらゆる骨董品達で溢れかえっており、それらにどれほどの価値があるものなのか、自分ではわかりませんでしたが、骨董市を端から端まで見るだけでも全く飽きる事なく、大満足で楽しめました。

そして前々から欲しかった、南米では主流の飲み物のマテ茶(主にアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ)を飲むためのグァンボと呼ばれるコップの様な物と、ボンビージャと呼ばれる金属のストローの様な物を購入。

話は脱線しますが、このマテ茶は飲むサラダと言われるほど栄養豊富で先ほど上げた3つの国では本当に笑えるくらい、公園や路上、はたまたバスの中で、みんな飲んでいます。それもまた南米の名物風景の一つだと思います。

骨董市の途中で路上で見たバイオリンやアコーディオンの演奏者達や古いヨーロッパ調の建物が醸し出す雰囲気は、南米の他の国とは一線を画した「南米のパリ」との呼ばれるに相応しいお洒落な街。

それがブエノスアイレスのサンテルモ地区でした。

アルゼンチンタンゴ at ブエノスアイレス 動画  

アルゼンチン ブエノスアイレス サンテルモ地区の旅のTwitterたち

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ