5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

台湾での旅ブログ 慣れに油断していると怖い目に遭う Part 1

台湾

台湾での旅ブログ 慣れに油断していると怖い目に遭う Part 1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

台湾で遭遇した危険な体験 Part1

台湾に幾度か訪れるうちに国内の勝手を知り、ある程度自由気ままに街中を歩けるようになりました。

比較的治安が良く安全な国・台湾ですが、慣れて油断した頃に危ない目に遭うことがあるのです。

今回はそんなお話をしてゆきたいと思います。


台南に出掛けたときのこと。

古い遺跡が沢山ある、歴史深い港町「安平」はとても興味深い街で、台北とは違う雰囲気の街並みを楽しみながら楽しんでいました。

台南名物“蝦捲”をたらふく食べて腹ごなしに海っぺりを歩いていると、漁港に辿りつきました。

大きな籠を積んだ漁船が何隻も停泊していて、これから漁にでるのか漁師たちがせわしなく船と漁港を行ったり来たりしています。

自分は水産関係に従事していたことがあり、台湾で水揚げされる魚に興味がありました。

中に入って見物してみたいと思いましたが、果たしていいものでしょうか?

周囲を見渡すと漁師以外には、地元の人たちが釣りや凧揚げをして遊んでいます。

そして立ち入り禁止の場所には必ず貼ってある「請勿~(禁止の意味)」という文字は見当たりません。

漁港の水揚げ場の前に関係者らしき人がテーブルを囲んで座っていたので、訊ねてみました。

お互いの言葉は通じないので殆ど会話は成立しませんでしたが、私が中に入ってみたいという認識は通じたようで、漁港内を指さしながら頷いていました。

よくよく見るとこのテーブルに座っている真っ黒に日焼けした人たち、麻雀をしている…。

ちょっと危険な香りを感じましたが、そのまま漁港内に入ってゆきました。

Part2に続く。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!